Tanimoto-Industry.co.,Ltd
RECRUIT SITE

ブログ

/Blog

HOME > ブログ > 鉄骨工事業の市場規模や動向について 05

ブログ

Blog

鉄骨工事業の市場規模や動向について 05

鉄骨工事業の市場規模や動向について 05

 

株式会社 谷元工業は、愛知県豊橋市を拠点にして、名古屋を中心とした広く東海地方にわたって、高層建造物、工場、マンションなどの大型建造物の鍛冶工事や鉄骨工事、溶接工事から、住宅の外構フェンスや駐車スペースのカーポート、倉庫のシャッターや門扉、屋外の階段などの鉄製部位の補修工事まで、スチール、ステンレス、アルミ、銅、真鍮などを用いた鍛冶工事、溶接工事、建築金物の加工から取り付け工事など、金属の加工から設置まで、金属に関わるのことならなんでも幅広く承っている会社です。

 

みなさまこんにちは、谷元工業広報担当のAです。

前回からの続きです。

CADを用いて設計図が作成できれば、次は鉄骨の加工と組立という作業になります。

鉄骨を加工するという作業は、主に切断と孔あけです。これを一次加工と言います。

この一次加工もNC化が進んでいる分野です。

NC化とは「Numerical Control」の略で、日本語に訳すと「数値制御」という言葉になります。

以前は鉄骨を切断する際にはハンドルを回して位置を細かく調整して行っていましたが、現在は作成したプログラムに基づき、工作機を操作して行うということになります。

ちなみにNCを利用した加工のことを「NC加工」と言い、NC加工を行うために数値制御装置を組み込んだ工作機のことを「NC工作機械」と言います。

加工の次は組立になります。

鉄は熱によって伸縮するという特性を持っていますので、そのことを計算に入れた上で組立作業を行なう必要があります。そのため、組み立て作業には鉄の特性を知り抜いた熟練の職人による見極めが重要となってきます。

鉄骨工事業がすべて機械化できないのはこうした作業が随所にあるためだと言えます。

 

 

谷元工業では、鍛冶工事から溶接工事、金属加工、サビ止め塗装など鉄材の工事はもちろんのこと、アルミやステンレスなどの加工、製作からモルタル下地、見切枠、根止ピース、プレート、ブラケットなどの製作から、目隠し、手すり、階段、架台などの建築金物まで、さまざまな金属加工製作を取り扱っております。複雑な曲面への施工や細かい作業が必要な場合は、是非谷元工業にお任せください。

谷元工業は、これまで積み重ねてきた実績と知識、そして経験を最大限に活用し、鉄や金物に関する工事にすべて対応できるよう「挑戦」し続けています。東海地方での鍛冶工事、金属工事のご用命なら谷元工業に安心してお任せください。

-ご応募はこちら-

-Entery-

エントリー

TEL.0120-296-703

お問い合わせ受付時間10:00~18:00(年中無休)

新卒採用エントリー 中途採用エントリー