Tanimoto-Industry.co.,Ltd
RECRUIT SITE

ブログ

/Blog

HOME > ブログ > 現場作業員として一緒に働きませんか? 02

ブログ

Blog

現場作業員として一緒に働きませんか? 02

株式会社 谷元工業は、愛知県豊橋市を拠点にして、名古屋を中心とした広く東海地方にわたって、高層建造物、工場、マンションなどの大型建造物の鍛冶工事や溶接工事から、住宅の外構フェンスや駐車スペースのカーポート、倉庫のシャッターや門扉、屋外の階段などの鉄製部位の補修工事まで、スチール、ステンレス、アルミ、銅、真鍮などを用いた鍛冶工事、溶接工事、建築金物の加工から取り付け工事など、金属加工のことならなんでも幅広く承っている会社です。

 

みなさまこんにちは、谷元工業広報担当のAです。

鉄骨工事では、鉄骨製品の発注から、届いた鉄製品の品質の検査、そして鉄骨の部材の制作や建設現場での工事の管理や指揮をするための鉄骨工事管理責任者という資格があります。

鉄骨工事管理責任者は一般社団法人日本鋼構造教会(JSSC)という団体が発行している民間資格であり、平成11年(1999年)に制定され、現在およそ7000名ほどが有資格者となっています。

資格を取得するためには建設設計・工事管理に関する業務に従事し、建築鉄骨工事の管理や監督の実務経験を5年以上有する者となっており、その条件をクリアした者が、鉄骨工事管理責任者委員会が実施する講習を受け、さらに同委員会が主催する試験に合格することが必要となります。

また、鉄骨工事管理責任者の資格は一度取得すればそれでいいというものではなく、定期的な更新が必要となるもであり、更新しなければ資格を失うことになります。

更新時期は5年ごととなります。

鉄骨工事管理責任者は鉄骨工事を行う上で必須となる資格ではありませんが、しかし鉄骨工事をより深く理解し、より効率的で安全な作業を行うためには取得しておいたほうがいい資格であると言えます。

 

谷元工業では、鍛冶工事から溶接工事、金属加工、サビ止め塗装など鉄材の工事はもちろんのこと、アルミやステンレスなどの加工、製作からモルタル下地、見切枠、根止ピース、プレート、ブランケットなどの製作から、目隠し、手すり、階段、架台などの建築金物まで、さまざまな金属加工製作を取り扱っております。複雑な曲面への施工や細かい作業が必要な場合は、是非谷元工業にお任せください。

谷元工業は、これまで積み重ねてきた実績と知識、そして経験を最大限に活用し、鉄や金物に関する工事にすべて対応できるよう「挑戦」し続けています。東海地方での鍛冶工事、金属工事のご用命なら谷元工業に安心してお任せください。

-ご応募はこちら-

-Entery-

エントリー

TEL.0120-296-703

お問い合わせ受付時間10:00~18:00(年中無休)

新卒採用エントリー 中途採用エントリー